求人情報の見方や応募の仕方について

求人情報の見方や応募の仕方について

求人情報で注意すべき点

現代の求人情報事情としては、以前からある求人情報誌とともにネットの求人情報サイトが活用されています。職種や勤務地などで検索できるだけでなく、個人情報を登録しておけば条件を満たす求人があった際にメールなどで知らせてくれるサービスもあります。求人情報には、職種、勤務地、給与、勤務時間、待遇などの項目があります。企業は求人のために「高給優遇」「福利厚生充実」などの魅力的な言葉を並べることがありますが、すぐに飛びつくのではなく条件を慎重に吟味する必要があるでしょう。

検索キーワードで優先される「職種」ですが、営業系、サービス系、専門系など大雑把で意味がよくわからない求人が多いのが特徴です。職種は多種多様でかなり細分化されているため、自分に合った職種を選ぶことが大切です。最近では「○○コーディネーター」「○○プランナー」「○○ディレクター」など、新しくつくられた職名も数多くあります。名前のカッコよさや華やかさに惹かれるのではなく、実際の仕事内容がどんなものかを見極めることが大切です。

職種の次に気になる項目が「給与」でしょう。給与形態には、固定給や歩合制、出来高制などがあるほか、支払いの単位にも月ごと、時間ごと、日ごとなど、さまざまな種類があります。また、提示されている給与が額面なのか手取りなのか、各種手当がついたものなのか、などによっても大きな差があります。また、健康保険や雇用保険といった社会保険などの福利厚生が充実していることも結果としてお金につながるので、チェックが必要です。今回は、求人情報をみて応募する際に注意したいことについてまとめてみました。


▼ 求人情報関連のおすすめリンク
今では求人情報を探すときはネットの求人サイトを使うことが多いでしょう。マイナビバイトは若いユーザーが多いので、求人を掲載することで若手の人材確保が期待できます >> マイナビバイト 掲載