求人情報の見方や応募の仕方について

求人情報の見方や応募の仕方について

履歴書、職務経歴書の書き方

履歴書は短期アルバイトでも提出が必要なものであり、採用担当者が求人応募者の情報に初めて触れる貴重な書類です。履歴書を何回も書いて慣れてくると、それほど深く考えて書くことはなくなってしまうこともあります。しかし、採用担当者からみれば求職者のプロフィールが一番理解できる資料になることを忘れてはいけないでしょう。

企業が履歴書の様式を指定することはほとんどないため、様式は自由です。しかし、市販の履歴書が活用されることが多いのは、人事担当者にとって必要な情報が網羅されているからでしょう。

学歴や職歴、資格などの欄の記入は必須となりますが、志望動機などの自己PRは自由記入となっていることも少なくありません。自由記入欄の項目が多いと自己アピールしたい人にとっては有利かもしれませんが、項目があることで書くことがなくて逆効果になることもあります。自分を売り込みやすいものを選ぶようにするといいでしょう。嘘や誇張過ぎる表現は厳禁です。

面接での質問は履歴書に書かれた内容をベースにしたものになることも多いため、日頃から考えていることを記入していないと何を書いたか忘れてちぐはぐな回答になることもあります。また、上手に書く必要はありませんが、誤字脱字に注意して丁寧に書くようにしましょう。百戦錬磨の人事担当者は文字や書き方をみればだいたいの人となりがわかると言います。